しょーもないひとりごと

声優・舞台、ときどきゲーム。

あんスタ! DREAM LIVE 1st Tour 12/31 第1部 感想

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!

とか言っておいて…

あんスタのスタライ、大晦日の第1部に行って来ましたのでレポします笑  人は本当に感動っていうか、放心状態になると涙も出ないんですね(白目)

 

初の豊洲pit。Knightsの女感を(爪だけ)出していきました笑

 

公演の感想を一言でいうと…

 

『…生きてる。無理みが強い。』

 

ですかね。一緒に行った友人と、ひたすら「これ、年越せねーな」と言いつづけていました笑

 

レポというか、感想です。直後に編集始めたので語彙力皆無です、悪しからず。例のごとく、ネタバレします。回避したい方はバックでお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----

  • 開演前影アナ Knights

この日は、開演前アナウンスがなんと、大晦日特別バージョンでKnightsでした!ナイツPの私歓喜。…いや、りっちゃんの声って色っぽいよね(真顔)なんか大音量で聞くと、息多めでやばかった。

ってか、相変わらずステージでは騎士様なのに垣間見えるわちゃわちゃ感。大好きありがとう。

 

【セトリ】

  1. HEART →BEATER‼︎‼︎
  2. Rebellion Star
  3. Voice of Sword
  4. Silent Oath
  5. Melody in the Dark
  6. Darkness 4
  7. Checmate Knights
  8. Fight for Judge
  9. ハニーミルクはお好みで
  10. 虹色のSeason
  11. DESTRUCTION ROAD
  12. CHERRY HAPPY STREAM

アンコール ONLY YOUR STARS

 

  • トリスタ

圧倒的主人公感。すごく応援したくなるパフォーマンス。

どの曲も本当に楽しそうに歌って踊ってて、こっちまで楽しくなりました。トリスタ楽曲って泣ける曲多いじゃないですか!(私だけ?)本当にうるって来ました。

ダンスはそれぞれに個性が出ていて良かった!特に、真緒はブレイクダンスが得意ってのが出ていてキビキビ(?)踊ってました。スバルは本能で踊ってるって感じ笑  北斗は基本に忠実って印象。MCでは、ゆうくんが両手でマイクを持ってたのが可愛かった。

 

  • アンデ

夜闇の魔物!アンデちゃんは、曲や雰囲気の振り幅が一番広い気がします。メロ闇のようにコーレスありなバリバリロックから、ハニーミルクのようにちょっとした面白ソングまで笑  なんでも歌いこなしてしまいますね!

わんこが可愛かった!ライブだから張り切ってるのが分かりましたね。最後は、零さんに捕まえられて袖に入って行きました笑  

あともう一つ。

薫くんのマイクスタンドになりたいと思った1時間半でした。

 

  • Knights

は〜、しんどい。

ほんとしんどい、大好きです。

まず、ダンスがめちゃめちゃ好みだった。かっこいい。随所に騎士らしい振りがついていて(剣を抜いたり、掲げたりなど)、素敵でした。あとは、5人いるからフォーメーション変えたりしてセンターが変わるのも好み。振り付けた人にお布施したい。

次に、一人一人気になった所を。

かさくんはやっぱり1年生なんだなぁ、ってしみじみ感じた。 時々タイミングがズレたり、体の動かし方がまだ他の先輩のように滑らかじゃなかったり。個人的には、かさくん腕をひょいとのけて、りっちゃんが前に出てくるのが面白かったです笑

嵐ちゃんは、MCの時にかさくんをいじったりしてて可愛かった。喋ってる時は動きを含めて女子高生のよう。でもね?でもね?意外と男らしく踊るのよ!ギャップ!死ぬ!ありがとう!

りっちゃん…動いてた、生きてた。ダンスは兄者と似てた気がする。なんか余裕がある感じ?で伝わるかな?体の使い方が上手くて、ブレない。(私が好きなタイプの踊り方ですよ)MCでは、思ったより喋ってびっくり!笑  機嫌が良かったのかな。うん、そりゃ、まーくんいたからね。あー、衣更になって出直そ。2018年も全力で推して行きます!

瀬名泉。そういえばバレエやってましたね…。動きが綺麗。指先まで意識してやってるのが伝わってきた。でも、何よりもFight for Judgeラスサビの「気高き」のキック(巷では気高キックっていうんですね)…イケメンかよ(真顔)あと、手をクイってやってたのはどこだっけ…?しんどい。ありがとう。

ラスト!レオぴ!身長が低いぶん、体を全体つかって踊ってたのがすごい良かった。結構センターにいたので、改めてやっぱり彼がKnightsの王様なんだなーと感じさせられました。それと、せないずと背中合わせで歌ってた所があって…しんどかった。息してなかったもん、私。あとはMCでの「うっちゅ〜☆」が可愛いかった。ありがとう!私もレオぴが大好きだ!

曲としては、Silent Oathが思ったよりダンサブルでびっくりしました。サビ前でぱっとライトが消えて、青と銀の星空みたいになる演出がめちゃめちゃ良き。今思い出しても泣ける。ナイツPの皆さんに、ほんと見て欲しい。

 

  • 終演後影アナ  Knights

終演後もKnightsでした!涙が止まらなかった。1部はナイツPにとってただの神回でした。

せないずが「声だけの見送りでゴメンね〜、お姫様たち。」って言ってた。

 

「…そっか、私、姫だったのか。」

 

そこから記憶が飛んで、気がついたら、ららぽでドーナツ食べてました笑

 

 

改めて見ると、Knightsの話が長い笑

とにかく、ステキな1時間半をありがとうございました!

 

さて、2ndが決まりましたね!

幕張とインテで7月。

 

 

 

 

 

 

 

はーい、就活真っ只中。

 

 

 

どうしようか…

無理だな…

茶の間コース真っしぐら…

 

みなさん、チケット戦争頑張ってください!笑

 

髑髏城の七人 Season月 【12/27 マチネ】感想②

あっという間に2000字笑

というわけで、前回の続きをいきます!

 

前回の記事はこちら↓

髑髏城の七人 Season月 【12/27 マチネ】感想① - しょーもないひとりごと

 

【狸穴の存在】

狸じじぃ感ヤバイ笑

なんか、いつの間にか捨之介たちに馴染んで、無界の里に入り浸るっていう。そうしている所からは、まさか徳川家康だとは微塵も感じさせない狸じじぃ感(褒めてる)

千葉さんだからこそなせる技ですね。

 

【お前が7人目かよ】

髑髏城でピンチの兵庫を救ったのは、彼の親父いん平。農具を使って戦う姿(特に鎌とくわね)に正直、驚きを隠せなかった笑  でも、髑髏城脱出の際に、7人がシルエットになる演出で、いん平が7人目と気付いた時、思わず突っ込んだよね!

でも、荒武者隊が助けたいん平の命。今度はいん平が息子である兵庫の命を守った。そんな命のつながりを感じ、ほろっときました。

 

【百人斬りと霧丸】

このシーンは、すごかった。捨之介と霧丸と雁鉄斎が、斬っては打ち直して、また斬ってと繰り返して沢山の敵を倒していくというシーン。

本当にこのシーンは圧巻。殺陣がめちゃくちゃ大変そうだなと見てて思いました。マモちゃん、よく頑張ったね!(親心)

 

ここで霧丸がいい働き。霧丸役の松岡くんは97年生まれで、若くとにかく動ける役者さん!このシーンでは特に、霧丸がいい動きをしていた気がします。雁鉄斎の道具を持ちながら一緒に走っていたのもすごく可愛かったです。

 

そして、霧丸は捨之介との関係性が良かった。良い兄貴の捨と、仲間想いな霧丸。お互いがお互いの心を揺さぶりあって、絆を深めている様子にグッときました。一度は裏切られたと感じて怒りをぶつけた霧丸ですが、「お前の剣先は明日を向いているんだろ?」と捨之介に言われた言葉をそのまま本人に言い返したあたりも感動ポイント。この作品の真の主人公は霧丸なんじゃ…と考えるまでに。個人的ツボは、マモ捨が霧丸と話すとき、少しかがんで目線を合わせていた点と、カテコで肩を組んでいたこと笑

 

【最後の捨天対決】

鎧を外していく演出がすごく良かった!

天の男を地上に下ろす。分かりやすいのに、かっこいい演出で個人的に好みでした。人に戻された天魔は体が細くて、鎧で大きく見せていただけで本当は人の男なんですね…  そう感じました。この場面、捨ももうボロボロで、最後の力を振り絞ってやっていたのが伝わって来て、感動です。この場面は息をするのも忘れてました。

 

【お、お前ら…!】

捨、天、蘭の3人のキャラ設定や位置づけが絶妙。全員、もともと織田信長に仕えていて、彼の死を機に道を違えた。その後、天魔が道を誤ったのを聞きつけ、あいつを止めなきゃと駆けつける捨蘭。道を違えても、厳しい時代を一緒に生き抜いた仲間なんですね。まずここにじーんときた。

でも、蘭は天の手によって蘭丸に戻ってしまい、結局死んでしまう。また、天魔に関しては、捨の刀で自害してしまう。この後の捨之介の喪失感ときたら無い。止めようとした仲間が次々と死んでしまい、目的を失った彼はまた犠牲になろうとする。しんどいな、この流れ。

ここで思った。

「この捨之介の設定、マモちゃんのための当て書きか⁉︎」

そう感じてしまうくらい、ハマってた。でも、福士くんもおなじ脚本なんだからそんなわけないはずなんですけどね。とにかく、月の捨之介は若気の至りというものがすごく生かされた脚本でした。

 

…それと同時に、他のバージョンも見たくなってしまうから髑髏城は罪ですね。

 

【役者さんについて】

みんなとても良かった!

中心キャストが若いぶん、周りがベテラン・劇団員でかためられているので、とても安心して見ていられました。主要キャストのお3方だけ取り上げます。

  • マモちゃん

初の新感線、初の主演で捨之介。プレッシャーもあったと思うけれど、ホント立派でした!本当にエンターテイナーだよ笑

  • 拡樹くん

友達から沼だ沼だと言われて早3年。ついに、初拡樹くんをこんな機会に見ることができるとは。まるで天魔が乗り移ったかのような演技に引き込まれました!

  • 廣瀬くん

蘭兵衛というとても難しい役を見事に演じていたと思います!殺陣も綺麗で迫力があり見事でした。個人的には太夫を抱き寄せた時に頭ぽんぽんしたのがヤバかったです。きゅんときた。

 

【カテコ】

カテコがすごいと話題だった髑髏城ですが、圧巻でしたね!壮観!まるで、ディズニーのアトラクションの様。これをみるのだけでも価値ありですね。

あとは、マモちゃんのサービス精神も良かった笑

 

とまあ、ここまで書いてきました!1と2合わせて4000字ですって。怖。

 

まあ、百聞は一見にしかずです。ぜひ皆さん見に行って見てください!当日券も毎回用意されていますので、東京在住の方は是非!笑

 

『髑髏城の七人 Season月』|TBSテレビ:IHI STAGE AROUND TOKYO

 

TBSの回し者のように思われそうですが、決してそんなことはございません笑  最高のエンターテイメントを体感してみてください!

 

さて、千秋楽まであと1ヶ月半。上弦、下弦共に欠けることなく走り切ってくれるように祈ってます。

 

天魔の御言葉を拝借して。

 

髑髏城で待っている…!

 

髑髏城の七人 Season月 【12/27 マチネ】感想①

お久しぶりです。うちかです。

ついに!見て来ました、「髑髏城の七人 Season月」。人生初髑髏もちろん下弦です笑

 

レポのカテゴリーですが、なんせ3時間半超えの舞台なんでレポしきれません笑

ゴメンね!(気になった人はステアラへGO☆)

気になったところを抜粋して、感想を綴ります。

 

『とにかく楽しかった〜!』

 

一言で言うとこんな感じ。3時間半という時間を忘れてしまうようなお芝居。

 

それでは、感想いきます!ネタバレを避けたい方はココでBackして下さいねー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----

早速、場面や関係性ごとにピックアップしていきます!

 

【冒頭】

織田信長本能寺の変で死んだ後、1人の男が「天魔の鎧」を手にし、信長の野望を継ごうとして天魔王となります。

 

幕が開いて天魔王が出て来たとき、一瞬「あれ…これ鈴木拡樹だよな…?」と自信を失うレベルで誰かわかりませんでした笑
憑依型とはこの人のこと!素晴らしいレベルで狂ってました(褒めてる)

 

【捨之介登場】

番傘を使った殺陣で登場。

マモちゃん殺陣上達したー(感動)

他の方に比べればほんとまだまだですが… 王家を観たときに、実はあんまり上手くないなーと思っていたので今回の月髑髏はどうなるのかとヒヤヒヤしてました。初日の感想でも、殺陣についてはまだまだとのツイをたくさん見かけたのであまり期待しないで登城。

いや、思ってたより良かったよ?まだまだ重さが無いことや音とズレているのとか課題はあるけど、確実に進歩してました(親心)

 

「浮世の義理も昔の縁も、三途の川に捨之介!」の決め台詞はやっぱり声がいい!通るんですよね、めちゃめちゃ。

…そういえば、声優でしたな、マモちゃん。

あまりにも色々やりすぎてて、声優なの忘れる、たまに。

 

【兵庫と荒武者隊】

 兵庫、良いキャラ!本当に!大好きだわ〜笑

兵庫と彼を兄貴と慕う荒武者隊の面々がバカ可愛い。いちいち動きが煩いのに笑、揃っててすごいなと思って見てました。きっと沢山稽古したんだろうな…

 

そんな荒武者隊の面々が無界屋襲撃で死んでしまったのを知った場面、本当に涙が出ました。一人ひとりに呼びかけて、返事してくれよ!と。今までコミカルなシーンが多かっただけに、よけい辛く苦しかった。「弱いものを守るのが荒武者隊だ」って言って、無界の里を守ろうとした彼らの意思を継ぎ、決意を固めた兵庫。カッコよかった。木村了くんが兵庫で良かった。

 

【無界の里と極楽太夫】

無界の里に着いた時のダンス、見ていて楽しかった!捨之介の女好き設定が生かされているのもよかった。個人的にオレンジの着物の人が可愛いなと思って見てました笑  

羽野晶紀さん、めちゃめちゃ可愛い!声まで可愛い!年齢を感じさせないキュートさ。あんな太夫だったら、兵庫が惚れたのも仕方ないですね。羽野さんのお芝居もっと見てみたくなりました。

 

【蘭兵衛と太夫】

蘭兵衛と太夫の関係性は、年齢差によってどうなるのか?とても気になっていた点。

なるほど〜、って感じですね。姉さん女房って感じで、母性もあった。きっと、信長の死によって荒れていた蘭丸を蘭兵衛にしたのは、太夫の包み込むような愛です(涙)

だからこそ、蘭丸に戻ってしまった彼を倒したのは、愛故ですね。傷ついた人を極楽に送る役目が極楽太夫、そう思わせてくれたお芝居でした。

 

【雁鉄斎と渡京というずるい役】

雁鉄斎と渡京はずるい!おいしい役!

 

雁鉄斎の剣花道は本当に笑いを誘う。「夏の日の恋」って笑  中村まことさんは間の取り方が絶妙で、わかっていらっしゃる。雁鉄斎の作業場でのマモ捨とのやりとり、めっちゃ笑った。

 

渡京については、ズルいなぁ〜、本当にズルい。おいしい役。

やっぱ個人的には水車小屋かな笑  実は、今回神席で、最後の捨天対決で鎧を外すマジックテープの音が聞こえるほど前方席の上手側にいました。突然出てきた水車小屋の背景のパチモン感。私も「まあ、新感線と言えども、こういうセットもそりゃあるよな、うん、うん。」って感じだったのが、

 

そんな仕掛け⁈

 

となりました笑  また、裏切り渡京のキャラ付けが絶妙。お芝居もとても良い。で、なんだかんだ活躍するんだよなー!美味しすぎるよー!

あと、一輪車良かったです笑

 

【夢見酒】

はー、このシーンはやばい。瞬き出来ない。

天魔が蘭兵衛を蘭丸と呼びかけることで、おそらく昔の信長への思いが蘇って、蘭丸に戻ってしまったのではないかと推測。だって、天魔の鎧をあれだけ愛おしそうに撫でるんですよ!!ムリムリムリ!!ずっと蘭兵衛見てたもん笑

 

あとは、夢見酒の口移しね。あれはヤバイよ笑 美しすぎるシーン。どうしてこの演出にした?

 

ありがとうございます(土下座)

 

 

あ、あっと言う間に2000字。2に続く!

 

 

 

レディ・ベス 初日感想

ミュージカル「レディ・ベス」、初日を観劇してまいりました!

 

当たったとき、10/8の文字を見てびっくりしました。

 

私:「え、初日が当たっちゃった…?」

 

だって、第2希望だったんですよ!(←重要)

 

そんなわけで、ワクワクしながら見に行ってまいりましたので今更ですが簡単に感想をば。

 

キャストはこちらの組み合わせ

 

さて、ネタバレ含みますので、これから見に行かれる方などNGな方は、バックお願いしますね。

 

 

 

 

 

 

----

では、早速。

 

まずはセットから。

舞台に傾斜のある盆があり、それを主に使ってお芝居をしてました。後ろのスクリーンに映し出される映像も含めて、セットがとても美しくてこれを見るだけでも価値がありました。

個人的には、スクリーンに映し出される星空が素敵だなあ、と感じました。さすが、東宝さん笑

 

曲について。

曲はテンポ感がとても良くて、パンフでロビンの2人が言っていたんですが、全部通して1曲みたいなまとまりがありました。

特にこの曲が!という感じではなく、全てが綺麗につながっていたのが、全体の流れがスムーズに感じた原因かなと思います。(特に2幕がスムーズで、1時間15分あっと言う間でした。)

お芝居だけの場面は少なく、歌でずっと場面をつないでいた印象。これも、逆に内容盛りだくさんな今作の場合ではいい方向に働いていた気がします。リーヴァイさん、さすがやで。

 

そんなリーヴァイさんを客席で見ました笑

白髪の外人さんいるなーと思ってオペラグラスでのぞいて見たらご本人でした。初日ってすごい! 

 

脚本については、なかなか難しいお話なので…詳しくは書けないのですが。話はテンポ良く進んでいたので、飽きずに楽しむことができました。メアリーについての描写がかなり切なかったです。これについては以下で。

 

それでは、キャストと役についてそれぞれ書いて行きます。

 

ロビン《山崎育三郎》

まず、ロビンは他の登場人物とは違い、実在の人物ではありません。自由を求める吟遊詩人で、ベスと出会い恋に落ちるキャラクター。

いっくんはやはり男前でしたね。ベスが好きであると気づいてから、さらに優しい感じになりました。ステキ。でも、思ったより達観しているような雰囲気もありました。

歌に関しては、楽器を弾きながら歌う曲がとても印象に残っています。ただ、いっくん、久しぶりのミュージカルで緊張していたのか、思ったより声が飛んでなかったかなと。まあ、普通にかなり上手いんですけどね笑

 

メアリー《未来優希》

メアリーは本当に切ない人物。ブラッディメアリーと呼ばれたほどの人ですが、早くに母親と父王が離婚して、ないがしろにされてしまった過去を持ちます。冒頭の子役を使った説明がとても効いていて、この辺が分かりやすかったです。

未来さんのメアリーの力強さは、悲しい過去と自由にならない運命を背負って生きていくという切なさを含んでいた気がしました。

お歌は、めちゃめちゃ迫力があって、表情が豊かで良かったです。大女優ですね。流石としか言えません。

 

フェリペ《平方元基

彼はずるいですねー笑

登場からして、遊女と楽しくビリヤードをしつつ、上半身がはだけた衣装で登場。いやー、さすが情熱の国スペインのチャラ王子ですね(褒めてる)コミカルな場面も上手で、会場も笑い声が上がっていました。さすが、元基くん笑 彼は素が面白いですからね。

そしてこのチャラ王子は、ベスやロビンを助けて、ガーディナー司教らをやっつけるという大活躍ぶりを見せます笑  美味しい役どころを魅力的に演じてくれました。

歌も安定していて、安心して聴けました。元基くん、もっともっと東宝ミュージカル出て、活躍して欲しいです!

 

アン・ブーリン和音美桜

和音さん演じるアンブーリンは亡霊であるのに存在感がすごかったです笑  歌は悲しさを存分に秘めつつ、でも娘のベスへの愛情や母性も感じて、歌を聞くだけで涙が出てきました。姿もめちゃめちゃ美しかったです。

 

キャット《涼風真世

生で真世さん見れたー(泣)

素敵な歌声でした。声量はきっともっと出そうだったのですが、抑えていたのかな?キャットの歌う「大人になるまでに」は、ベスを信じて愛情を注いで成長を見守っているのがわかるナンバーで、真世さんの歌声と相まって感動でした。

 

ガーディナー司教《石川禅

ガーディナー、驚くほどぴったりでした!笑

ベスを陥れる悪役として、物語のとてもいいスパイスになっていました。もちろん、歌も安定感があって良かったです。

 

シモン・ルナール《吉野圭吾》

ガーディナーと一緒に物語を引き締める存在でした。悪役なんですけど、立ち居振る舞いがいちいちかっこいい笑

歌も安定感があり、安心して聴けました。

 

アスカム先生《山口祐一郎

2度目の山口さん!

安定感と力強さのある歌声から、ベスを心から信頼し、厳しくも愛情をもって成長を見守ってきたのだなと感じました。最初の語りのようなところから、すできぐっと物語に引き込むあたり、やはりさすがとしか言えません!

 

ベス《花總まり

美しすぎました。そして、溢れる気品と聡明さが、ベスと重なり、最後の戴冠のシーンの決意の表情がぐっときました。むしろ眩しくて、オペラグラス覗きながら泣きました。

でも、酒場のシーンはとてもお茶目で、キュートな少女って感じが良かったです笑

お歌の方は、安定感があり、表情も良かったのですが、声量が(他の方がすごいのかもしれないですが…)少し足りなかったかなと。 まだ初日ですからね!頑張って欲しい!

 

 

フェリペが一番長くなりました笑

と、以上が感想になります。カテコはハプニング続きで面白かったですが、とても濃密な3時間で、あっという間でした。

私はもう行けないですが、もう一度見たい作品です!

 

お時間のある方はぜひ、観劇してみたらいかがですか?

 

キャストさん、スタッフさん含めて、皆さんが揃って千秋楽が迎えられるよう、応援しています!

 

アドリブ2017 9/17夜公演 ②

長くなりすぎたので、二つに分けます。

 ①はこちら

makaronhitorigoto.hatenablog.com

 

とまあ、以上がレポというわけですが、②ではそれ以外の感想を。

 

まず、今回の設定。主に去年のものと比較していきます。

去年は、片方が設定を用意して、相方は何もわからない状態で舞台に上がり、まるで何かを思い出していくかのようにお芝居を進めていく形でした。

 

しかし、今回は「2人の関係」「結末の行動」が知らされ、個人的には「その演じる役の抱えているヒミツ」「役の情報」について知らされていました。

 

お芝居的には、今回のほうが設定がわかっていてやりやすそうに感じますが、それは逆に制限が多いってこと。よって、去年よりは自由度は低かったのかもしれません。

 

そして、物語の途中、セット上部のスクリーンにヒミツが写し出されるという仕組み。

非常に面白かった。そのヒミツに合わせてお芝居を進めていくというのが、なかなか大変そうではありましたが…(笑)

 

特に今回のでいうと、「ヒミツ3 実はもう一人メンバーがいる」「ヒミツ4

実はマイケルのために書いた曲であった」とか、その前のお芝居にはそんな要素を一切含んでいなかったので、スクリーンに映し出されるたびに笑い声や「えー!」という驚きの声が上がっていたのが印象的でした。

 

でも、すべてのセリフがアドリブでないかのように聞かせて見せる演者さんさすがでした。まるで台本があるかのようにお話されるもんだから、正直生で見て驚きました。

 

そして、アドリブワードについて。

夜の部は、森久保さん神引きでした。

「ケビンのした最大の失敗は?」というくだりでは「宇宙から落ちてきた」(アドリブワード)落ちをつけてたなど、引きがよかった印象。

 

とっしーに関しては、最後の最後まであまり引きがよくなくて、がんばれ!って応援したくなる感じだったんですけど、円陣の時の「その涙は光への道」(アドリブワード)ですべて吹っ飛びました。やっぱ、持ってる、豊永利行

 

また、彩-LIVEについてですが、今年は、ゲストキャラが1人ではないの特徴ですね。

今回の公演では5人出てきました。

で、この彩-LIVEの方々が、ホントいい働きをしてくれて。この役割にやっぱり舞台役者さんを持ってくるのはマジで正解だとひしひしと感じました。

 

功労賞はブライアンの辻本さん。金髪に、アメリカンな衣装で登場。ホント、素晴らしい存在感でいい仕事をしてくださいました。コーラのくだりもちゃんとやってくださって。ブライアンはずるいです(笑)

 

味があったのはファンをやった廣瀬さん。赤い法被着て、手にはうちわとペンライトうをもって登場。この方もホントすごく良かった。うまく舞台を引っ掻き回してくれて、そして話を進めてくれて、それでいて2人の即興ソングまで引き出してくれるなんて…いや、ほんとさすがです。

 

あらためて、彩-LIVEのみなさん、ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!

 

そして、一番すごかったのはアドリブカンパニーのみなさん。

まず脚本に参加した鈴さん・川尻さん・浅にい。よく全公演違う設定を考えたなと。去年までもとても面白かったけど、今年はさらに見ごたえのある(円盤集めたくなる)企画だったと感じます。キュー出し(今回の八王子は川尻さん)もタイミング完璧で、楽しませていただきました。

 

次に音楽の宇田さん。毎年ありがとうございます!!!!!!!

即興でBGMなんてさすがとしか言えません。脱帽。

 

裏方の皆さん。

今年は「目指せ、ドン・〇ホーテ!」と銘打ってたくさんの小道具を用意していたそう。好きな食べ物がラーメンと出たらラーメンを用意し、ゴーヤチャンプルーがネタとしていじられることを見越して、具材を切っておいたり、ファンが持つ「たらこ唇」と書いたうちわを本番中裏で作ったり…ホントあげるときりがないくらい、ファインプレーの連発でした。

 

常に舞台上に気を張って、先回り先回りで行動する。本当に、プロ仕事でした。

とっしーが思った以上に早くヒミツを明かしてしまったことや、結末の行動ができない危険を回避するために、あとで出すヒミツの内容を変えたり。本気で面白いものを届けようとしてくれるアドリブカンパニーに感謝しかありません(円盤買います)。

 

最後に、森久保さん、とっしー。

今回の夜公演は、2人にしかできない設定だったと思います。おそらく脚本は鈴さんかな?と思うのですが(笑)、脚本家さんの考えたシナリオ…という名の無茶振りにしっかり答えてくださって。エンターテイメント性のとても高い、今までにない公演になっていたと思います。(あれ?コンサート会場かな?と錯覚してしまうようなね)

2人のお芝居の相性もめちゃくちゃよかったですね。見ていて本当、安心できる公演だったと思います。楽しかった!

 

とまあ、また長くなってしまったのですが、森久保さん、とっしー、彩-LIVEのみなさん、アドリブカンパニーのみなさん、楽しい時間をありがとうございました!!お疲れ様でした!!

 

 

アドリブ2017 9/17夜公演 ①

アドリブ2017、東京2日目夜公演行ってきました!

 

そうですね…

一言でいうと、「マジでやべぇ!」って感じの公演でした笑

 

さて、忘れないうちに、レポします。

ネタばれしますので、あとりぶ・円盤待ちでネタバレNGの方はバックしてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ネタバレ注意、順番はめちゃくちゃです。(1度しか見ていないため、うろ覚えです。すみません)

 

 

 

 

 

 

*今回の夜公演の設定

「同じアイドルグループのメンバー」

 

《登場》

森久保さん→スウェット上下(本人曰く、八王子スタイル)

とっしー→革ジャンにサングラスのロック調

 

セットは、事務所と、回転する盆にドアがあるもの。

 

事務所にマネージャーが入ってきて、2人に仕事を伝えるシーン。

その中に、「二宮雅紀の冠番組」がありました。二宮雅紀は下野紘さんが過去のAD-LIVE公演でやったキャラです。生放送で朝までみたいな感じだった笑その名前が出た瞬間「キャー――――!」と会場から悲鳴が上がってましたね。みんな過去公演見てきてるんだな、ニヤニヤと思った瞬間でした。

 

 

《ヒミツ その1》来週発売のシングルの作詞がまだ終わっていない

実際に、サビ前までの曲が歌詞付きで流れました。ラストの大サビの部分がまだ書き終わってないとのこと。ちなみに、この仮歌は鈴さんが自宅で録ったそうです。すげー。とっしーは直前にこの曲が聞かされたそうです。

 

「クマも倒せる~♪」とか「虎も倒せる~♪」とかの歌詞があって、この曲に合わせてダンスしてました。これが面白かった。覚えるのが大変そうではありましたが。

 

ちなみに、2人のグループ名は、「100年に1人の天才」(アドリブワード)、略して「100天」です。アフタートークでも言ってたんですが、このワード森久保さんが引いたのですが、この100天がグループ名になっていたことを引いた本人は理解せずにやっていたっぽいです(笑)

 

 

《ヒミツ その2》解散報道が出ていた

週刊誌に取られたことが分かり、とっしー演じるマイケル(で良いのか?)が実は解散したかったということが明かされます。外国人ユニットとして売ってはいたものの、純日本人であったため、限界が来ていたみたいな理由だったかと。

 

その後、社長からの報道についての電話。社長は鈴さんだったように思われます。ただ、ジャ〇ーさんの真似かわからないけど、癖が強いしゃべり方だったせいで「ソレガシ」しか聞き取れないという(笑)あとは、「挨拶はフランス語」(アドリブワード)があったからか、「ボンジュール」とか言ってましたね。さすが、総合プロデューサーは拾っていくなと思った。

 

事務所の前に来た野次馬を追い払うため、変装して外へ。このとき、森久保さんは黒のヅラをかぶって眼鏡をしたので別人過ぎて面白かった。からのビート〇けしさんの物まねを披露。似てます(笑)

 

ここで報道陣の一人がインタビュー中にマイクの頭の部分を飛ばしてしまうハプニングが。でもそこも、アドリブでカバー。「問題ありません、いらない部分ですので」的なことを言ってた気がする。その後、また違う場面でもこの方出てきて、その時は予備のマイクの頭を胸ポケットに忍ばせて、ガンガン飛ばしてた。

 

 

《ヒミツ その3》実はもう1人メンバーがいる

それがブライアン。彼は、本当にずるいですね(笑)「ゴーヤチャンプルーが食べたいといった森久保さんに対して、はけて戻ってきたときには「ピッツァ食べる?」っていって渡していた。この「ピッツァ食べる?」は多用されすぎて、でも何度出てきても面白い。不思議。

 

ちなみに、後でゴーヤチャンプルが出てきたのですが、すでに具材は切ってあったそう。あとは、好きな食べ物でラーメンが出ていたので、裏ですでに作り置きしていたようです。

 

あと、ブライアンがコーラを飲む場面。2人がコーラを落としまくるから!笑

案の定噴き出してましたね。まあ、あらかじめタオルとごみ箱は用意していたのですが、外に出てしまった分は2人とマネージャーで一生懸命拭いてました。

 

その後、クローゼットから、ファン登場(笑)スプーンで掘ってきたそうです。廣瀬さんさすがとしか言えない。去年の木こりのアイドルにつづき、強烈なキャラでしたね。

サインをティッシュに書いてほしいとねだったり、2ndシングル「たらこ唇」(アドリブワード)を歌ってほしいとせがんだり…

まあ、そのおかげで、とっしーの生歌と森久保さんの生ギター聞けたんですけどね。二人ともアーティスト活動してるだけあって、お上手でした。即興だったけど、とっしー歌うま。ありがとうございます!

 

その後、実は解散報道が出ていることがファンの間でも噂になっているとのことが伝えられる。その時に、「外国人アーティストでやっていたが、ファンの7割が日本人だと知っているんですよ」的な発言をしていたのはとても面白かったです。

 

 

《ヒミツ その4》実はマイケルのために書いた曲であった

ここから、話は急展開。この大サビがまだ出来上がってなかった歌は、マイケルのために作った歌であったことが判明し、ラストまで進みます。

この歌のテーマは「ようこそ日本へ」「天に上るような気持ち(アドリブワード)」そして「友情」になったのでした笑

このくだりで、解散話は消え、なんだかんだいい話風に持って行ってしまう演者とアドリブカンパニーさん、さすが。

 

《最後のヒミツ》 実は作詞が終わっていない

このヒミツはアドリブです(笑)

作詞が終わってなかったことで、あらかじめわかっていた「結末の行動」ができなくなってしまうため、鈴さんが変更したそうです。やっぱスゲー、総合プロデューサー。

 

ここからの15分くらいはガチの作詞でした(笑)ってか、役が抜けて、ただの森久保祥太郎豊永利行でした。アドリブワードで引いたやつを当てはめていけばいいのに、割としっかり歌詞をつけようとする二人に終始笑いが止まりませんでした。

 

そんなところに桶にエクレアを入れて持ってきたブライアン登場。いい場面で食べまくる。これホントずるい!笑

 

《結末の行動》作詞をして一曲歌う

そして、最後に報道陣の前で解散はない旨を告げ、新曲を披露することに。

ブライアンが「サビからいく?頭から歌う?」って聞いて、迷わず「そりゃ頭からでしょ!」と言ってくれた二人のサービス精神に感謝。

 

3人で円陣組んだときの掛け声ですが、まさかのブライアンが担当(笑)

でも、その時のとっしーが神引きでこのワードを引いて言わせてました。

 

「その涙こそ光への道」(アドリブワード)

 

いよいよ楽しかった90分が終わるんだなぁとしみじみ思いました。

 

それでは最後に、できた歌詞がこちら!(サビのみ)

 

 

「マジでやべぇ!」

歌:100天

 

トラ クマ トラ

だから クマ トラ クマ 不思議ちゃん

トラ クマ トラ だから ちゃーん エ・ク・レア

 

檜の風呂 

だから 檜の桶 不思議ちゃん

檜の風呂

ここへ 飛び込んでこう (飛び込んでこう)

飛び込んでゆこう

マジでやべぇ マジでやべぇ

 

 

地味に頭に残って、ひたすら私の頭をループしています(笑)

さらに、「飛び込んでこう」の2つ目のかっこ部分はコーレスです。アドリブで1曲歌って、さらにコーレスするとか、最高すぎた。最of高。

 

以上が夜公演のざっくりした内容でした。

②に続く

makaronhitorigoto.hatenablog.com

 

今後の観劇スケジュールとオペラグラス

所属サークルの合宿中に軽率に友人をきたむー沼に陥れました笑

 

私は全くそんなつもりもなかったし、意外すぎてビックリだった。

 

私が休憩中に、バンプレラボの北村諒くん回を見ていたところ

 

友「何見てるのー?」

私「バンプレラボだよ。鈴さんと逢坂くん出てる。」

友「へー。真ん中は?」

私「きたむー」

友「きたむー?」

私「あ、えーっと、嵐ちゃん!」

友「それまじ?…イケメンさんかよ」

 

ってなやりとりがあり。そこに2.5沼の友人M登場(実は同じサークル)。

 

M「きたむー、あんステでも嵐ちゃんやってるよ〜。ほら」

Twitter見せる。

 

友「鳴上嵐が北村諒で、北村諒が鳴上嵐って…そんなん罪深いわ(真顔)」

 

落ちた原因としては

  • あんスタが彼女の推しイベ中であり精神が不安定であったこと
  • イベストで嵐ちゃんがみかちゃんを心配し、庇う一面があったことによる鳴上嵐の株の増加
  • 北村諒の顔面偏差値の高さ

が考えられます。

 

いや、まじ沼の隣には沼が広がってますね!(他人事)

 

ーーーーーーー

 

さて、では表題通り、今後の観劇スケジュールを行きます!(たいして行かないですが←重要)

 

9月:AD-LIVE 2017

これは以前も書きましたが、森久保さん・とっしーの回が当たりました。来週かと思うとワクワクが止まらない。

 

10月:レディ・ベス

人生2度目の帝劇。A席で端の方ですが、見れるだけで御の字。楽しんできたいと思います。

 

12月:髑髏城の七人 Season月  下弦の月

当たりました!やった!マモ見れる!

ステージアラウンドFCの第一次先行で当たりました。嬉しすぎる。10/1が発券なので、席がどうなるか気になるところです。

友人Mに報告したところ、「よく当たったな」と。マモと鈴木拡樹の2人をよく拝んできてくださいと言われました。

 

さて、まだ月髑髏に関しては分からないのですが…どうやら今年はチケ運はあっても席運はないらしい。

 

AD-LIVE→ドセンだが後方

レディ・ベス→A席後方、しかもほぼ端

 

ということでオペラグラスの購入を検討。

ってか来週までには買わなきゃならない。

 

そこで急遽ヨドバシへ向かった。

 

まだ購入してないのですが、オススメされた品をご紹介。

 

Amazon.co.jp: PENTAX 双眼鏡 UP 8×21 ブラック ポロプリズム 8倍 有効径21mm 61801: カメラ

 

それがこちら。

PENTAXのタンクローです。

劇場もそこまで大きすぎるところには行かないので、8倍で十分。

 

そして、めっちゃ視野が明るかった!これは感動です。プリズム加工が光を跳ね返さないようにしているそうです。

 

重さも210グラムと軽かったので、観劇向きなように思えました。

 

「5000円くらいでまた買い替えるよりは、7000円出して、ずっと使えたほうがお得ですよ」と言われて、確かにそうかもしれないと感じました。

 

これから観劇をどんどんしていくならまあ、そっちのほうがお得ですよね。

 

明日にでも買いに行ってこようかな。

 

あくまで参考にどうぞ。

 

それでは。