しょーもないひとりごと

声優・舞台、ときどきゲーム。

活撃 刀剣乱舞 1、2話感想

「AD-LIVE 2017」のチケットが当たりました!!(最近のチケの当落が立て込んでる)

3度目の正直。3年目です、応募し始めて。ホントに、誰が当たってるんだろって感じでした。

 

そして、今回は円盤を買って円盤先行に応募

東京公演9月17日(森久保さん・豊永さん回)が当たりました。

私の夏休みはAD-LIVEで締めくくられそうです。(なお翌日から授業)

 

 

あ、てらしー結婚おめでとうございます!(唐突)

朝気づいて、これはもしやと思い「ユニゾン!」聞いたら、案の定冒頭でお話されていてなんだか朝からハッピーな気持ちになれました。うれしいですね、応援している声優さんからおめでたい話が聞けるのって。

 

まあ、そのあと、普通にSDガンダムの話をされているあたり、さすが寺島拓篤と思いました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー                 

では早速本題。(前置きが長い)

 

活撃始まりましたね。

アプリ版が配信されてから始めた刀剣乱舞ですが、安定してログインができない(白目)毎日本丸に通い詰めている時期もあれば、ログインさえしない期間もあるという、はっきり言って審神者には向いていない私です。

 

まあ、なんだかんだ続けてはいますが、いまだに6-4がクリアできておりません。短刀の育成をさぼったのが今響いている。友人の審神者のアドバイスをちゃんと聞いておけばよかった…

 

初期刀の加州清光をずーーーーーーーーっと近侍に置き、必ず兼さんと堀川を第二部隊で一緒に出陣させているような新選組の刀たちが好きな私からすると、

 

活撃は本当に私得なアニメです(真顔)

 

…清光いないけどな(最推し

 

でも動いて絡んでくれる土方組が見れてうれしい。(花丸はあまり出くれなかったからね☆)

 

ただ、活撃の詳細が出たとき、ufotableの字と、EDのKalafinaつらい未来しか訪れないのではないかととても不安になったことは忘れられない。(その後友人審神者としばらく誰が折れるかについて本気で会議しました)

 

…とりあえず(誰か折れる前に)1、2話についての感想をば。やっぱり、アニメの第3話って何が起こるかわからないからね!(前例:某艦隊アニメ某魔法少女アニメ

 

はい、まず、絵がきれい。

さすが作画が遅いことで定評のあるユーフォです(ほめてる)戦闘シーンとかすごかった。あと、時間遡行軍、気合入ってましたね。良き。

 

冒頭からまるで映画でした。見応えはありそうですね。

 

あと、声優さんの演技もめっちゃよかった。私的には木村が沢山しゃべってくれてほんとにうれしい。スーパー木村タイム。

 

濱健人さんも土佐弁が良いなーと思ってたら、高知県出身だったんですね。さすがです。

 

そして、堀川君は動くとかわいさが増しますね!!!!!(興奮)

勝手に堀川現象と呼んでいるのですが、堀川君は動くとかわいさが何十倍にもなる。(花丸しかり刀ミュしかり)なんででしょうね。これは永遠の謎です。

 

友人との間では、薬研の動きがまるで立体起動だと話題になりました。確かにすげー動きしてた。短刀だからなせる技ですね。

 

蜻蛉さんは、大福が好きな食べ物であるということ、実は外国船が見てみたいというギャップでドーン。

 

ただ、Twitterでもいろいろ話題になっていたとは思うのですが、個人的もやもや点をピックアップ。

 

  • なぜ、審神者は最初2振りしか召喚できなかったのか。
  • 審神者も時間を越えられるのか
  • 兼さんが少女を助けたことについて

特にこの3点。

 

まあ、原作がゲームでいろいろスッカスカなので、しょうがないとは思います。友人の審神者によると、花丸、刀ミュ、刀ステなどで解釈やシステム的なところはやはり差があるんだとか。まあ、言っちゃえばこれがゲーム原作のいいところであり、悪いところである。

 

最初の点については、ゲームになぞらえて6振り召喚できるってところを守ってもらいたかったかな。

 

二つ目の点については、ちょっと不明。刀ステで「審神者なるものは過去へ飛ぶ」っていうのが入るらしいんだけど、

 

友人「まさか、物理的に飛んでいるとは思わなかった」

 

って言ってた。審神者含めて6振りかな?(大混乱)

 

 三点目は2話で補完されましたね。歴史抑制力ですっけ?

兼さんが、堀川君が火事の現場に行こうとしたのを止めておいて、自分は女の子を助けたのがもやもやしていたのですが…

歴史抑制力が働けば、一人の命を助けたくらいでは歴史は変わらない。しかし、あの状況で堀川君が助けに行ったら、大きく歴史が変わってしまい、歴史抑制力が効かないって解釈でいいのかな…?

 

ん~、難しい。

 

ただ、兼さんの「その時は俺が殺せばいいだろ!」とこんのすけの「わたしは何も見ていませんよ」みたいな発言は、2話で補完されるんだったら入れなくてよかったのでは?というが正直な感想ですかね。

 

あとは、兼さんが堀川君に渡した赤いピアスの問題。

友人は1話放送直後は、これは堀川2振り目なんじゃね!?と言っていたのですが、2話を見るとむっちゃんや蜻蛉さんの感じからして2振り目ではなさそうかなと考察。

 

ということは次週だれか折れるんじゃ………!?(トラウマ再び)

 

とまあ、来週の放送をおびえながら待ちたいと思います(白目)

 

以上活撃の感想でした!