しょーもないひとりごと

声優・舞台、ときどきゲーム。

活撃 刀剣乱舞 5話感想

ごめん、ちょっとまだ混乱とショックで頭の中の整理が出来てない。

 

というわけで、頭の整理をつけるために今回の第5話の感想を綴ります。

 

これまでの活撃の感想

 

makaronhitorigoto.hatenablog.com

makaronhitorigoto.hatenablog.com

 

 ----------------------

 

冒頭から行きましょう。

 

先週の最後に鶴さんが第2部隊に配属され、みんなを助けに来てくれました。

いやいや、この前も言ったけど、ほんと美しい。かっこいいよ、鶴さん。びっくりじじぃとか言ってほんとごめん。

 

ふと思ったんだけど、鶴ってレア4の中でステ一番低いんじゃなかったっけ?

スロ3だけど、機動とか衝力とかが低かったイメージ。

(ちなみに、うちの本丸では、鶴さんは来たのが遅いのもあってあまり戦闘には出してないです…ごめんな)

 

で、なんとか危機は乗り越えた。

 

ってか、むっちゃんって、むっちゃんだよね(伝われ)

 

兼さんに船の操縦を任されたとき、そして操縦してるとき共に、花丸の時とのキャラにブレがない。

ほかのキャラだと、花丸の時と多少キャラクター性に違いが見受けられるのですが、彼に関しては微塵も感じさせない。安心・安全の陸奥守。

 

そして、その後。

別の船にうじゃうじゃ時間遡行軍が。よくよく見ていると、ほんと気持ち悪い数乗ってますよね。ってか、通常ゲームだと6体ずつで対戦だと思うんだけど、なんだか一度に襲ってきそうな感じがした。

 

まあ、そんなわけで、

 

船にいる4振はそのまま対戦。

 

一方、堀川君と蜻蛉さんは…

まだ大太刀の足止め。にしても、あの大太刀、夜戦なのに強すぎません?チートですよ、あれは。ってか禍々しい。

 

DMMのゲームの敵って結構怖いじゃないですか?(戦艦の女の子のゲームとかも)

ufoさん、めっちゃリアルに描いてくる…!時間遡行軍の作画に気合入ってますよね。クオリティは、エクセレント!(某ミュネタ)

 

大太刀の鳴き声(?)的なやつを合図に町に向かって砲撃開始。

 

審神者の予想が当たりましたね。時間遡行軍はなぜそのようなことをするのか?どうやら会談を止めることがだけが目的ではなかったのです。

 

そのあとの蜻蛉さんの死闘。

しびれた。もちろん作画もきれいで、戦闘シーンの迫力はほんとスゴイの一言。槍なのにめっちゃ起動高いし。

 

まあ、フラグは立ってたよね。

 

刺し違えたところで暗転(だったかな?ちょっと記憶があいまいです)で、堀川君が戻ってきて…大太刀は破壊されが消えていったのですが

 

蜻蛉さんの槍にはヒビが……

 

せめて戦線離脱であってほしい。折れるとかホント勘弁。

まじで、気になって寝れない。(だから、このエントリ書いてる)

 

私は、次回予告の鶴さんの「大丈夫」を信じるからな(発言には責任を持つこと)

 

一方、船の上では、こちらも時間遡行軍相手に戦闘が続いていました。

兼さんのセリフにあるように、なぜ時間遡行軍は歴史を変えようとするのか。いまだにわからないですね。

 

ただ、ゲームを今までやってきた私たちも、なぜ歴史修正主義者たちは歴史を改変しようとしているのかって気にしたこともなかったと思うんですよ。(実際私は気にしませんでした)活撃では、この点について言及していくのかな?もしそうだとすればかなり骨太なストーリーになるのではないでしょうか。

時間遡行軍の、ひいては歴史修正主義者の目的、私、気になります!(某古典部アニメ)

 

そんな中、兼さんの背後に遡行軍が迫ります。

からの、海落ち。

 

すっごい既視感。

 

これは数年前にみた、同じDMMゲームのあれの3話とそっくりじゃないですか。

2015年1月21日深夜25時30分、全ての提督の心ごと海の底に沈めたアレ、です。

 

轟沈(もしくは破壊)されると、みんな海に沈むんですね(白目)

『兼さーーーーーーーーーーーーーーーーーん!』堀川君がその場に居合わせたら、そう叫んでいたと思う。もちろん、私は心の中で叫びました、堀川君の代わりに。

 

からの、撤退。

そういえば、部隊長が重症になったら帰還するんでしたっけ?こんのすけの遠吠えがむなしく響き渡ります。

 

EDで画面にエンドロールが流れていく様子は、かの有名な〇ヴァンゲリオンの劇場版:破を彷彿させるものがありました。

 

そして!

満を持しておじいちゃんが登場。おそらく本丸内最強の余裕?っていうのかな。なんか佇まいからして、雅で悟ってる感じした。 第一部隊の隊長となる刀剣男士をサポートするようにお願いされてました。

 

ついに第1部隊がお目見えです(来週な)

楽しみすぎて寝れない!

 

 

 

…と、ざっとこんな感じです。

どうしよう。え、全国の審神者の皆さん、この一週間どうやって乗り切ればいいと思います?まじで、明日起きられる気もしないし、何も手につかないよ…!

 

 

結論:やっぱニトロ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【追記】

今週は審神者にとって激動の一週間でしたね。

 

まずは、メンテ

大阪城にも関わらず、新刀剣男子毛利藤四郎稀ドロ。唯一のやればとれるイベントであった大阪城なのに、そうなってしまっては、レベルの低い審神者(私)とか、やって落ちなかったら本当メリット無い。ちょっとやる気がそがれましたね…

ついでに、極短刀の戦闘バランスの調整。夜戦でもダメージ受けやすくなるって、ナニソレ、イミワカンナイって感じです。極短刀レベリングしてたって方々は、きっとめっちゃ落ち込んだと思う。まぁ、これに関しては杞憂であることを願います。

 

そして、脇差

友人の脇差クラスタ歓喜してました。8月1日まであと少し。ビジュアルが気になりますね。みんな髪の毛伸びる伸びる。

私の推しが極になる日も近いのかな…(初期刀)

 

さらに、刀ミュ新作公演

三条好きな人たちは歓喜だったはず。だって、4人がかえって来るんですよ?あの自由な三条組にまた会えるのはめっちゃうれしいです!

そして、新刀剣男士は髭切・膝丸。源氏兄弟ですね。うん、これに関して一つ言わせてほしい。

 

三浦宏規って、それマ?

 

三浦くんは、現在公演中のテニミュ3rdで、氷帝の部長である跡部景吾を演じていらっしゃったあの子です。

 

もう一度言うよ?現役の跡部景吾です。

 

WOWOWで放送された関東氷帝を見たのですが、またドえらい子が入ってきたもんだ、と感じた。動きが一人だけ違う。プリンシパル。あの振り付けは彼ありきですね。彼じゃなきゃできません。

 

どうやらバレエ経験者でスゴイ実績を持っているのだとか。納得。

そんな彼を、刀ミュに持ってくるとは。

キャスティング、よくやった!そして何考えてんだ(真顔)

 

ただでさえ、跡部を演じて人気なのに、刀ミュに出します?

そんなんチケット妖怪大戦争だわ(大真面目)

んで、刀ミュでファンを増やして、全国氷帝で凱旋?

そんなん第2次チケット妖怪大戦争だわ(大混乱)

 

彼の活躍のフィールドが増えてめっちゃうれしい反面、刀ミュファン・テニミュファン共にチケットが取れなくなってしまうというデメリット。

う~ん、みんなが幸せになる方法って無いのでしょうか?(大真面目)

 

まあ、彼は確実に素敵な髭切を見せてくれることでしょう。期待。

 

そして、らぶフェス。堀川君と安定が出ないのは悲しいですが、清光!清光おる!

佐藤の流司くんが演じる、ファンサで絶対殺すマンの清光が出ます

 

ぁぁぁありがとうございまぁぁぁぁぁす!(〇ト子風)

 

審神者の皆様、今週一週間、本っ当お疲れさまでした。