しょーもないひとりごと

声優・舞台、ときどきゲーム。

アドリブ2017 9/17夜公演 ②

長くなりすぎたので、二つに分けます。

 ①はこちら

makaronhitorigoto.hatenablog.com

 

とまあ、以上がレポというわけですが、②ではそれ以外の感想を。

 

まず、今回の設定。主に去年のものと比較していきます。

去年は、片方が設定を用意して、相方は何もわからない状態で舞台に上がり、まるで何かを思い出していくかのようにお芝居を進めていく形でした。

 

しかし、今回は「2人の関係」「結末の行動」が知らされ、個人的には「その演じる役の抱えているヒミツ」「役の情報」について知らされていました。

 

お芝居的には、今回のほうが設定がわかっていてやりやすそうに感じますが、それは逆に制限が多いってこと。よって、去年よりは自由度は低かったのかもしれません。

 

そして、物語の途中、セット上部のスクリーンにヒミツが写し出されるという仕組み。

非常に面白かった。そのヒミツに合わせてお芝居を進めていくというのが、なかなか大変そうではありましたが…(笑)

 

特に今回のでいうと、「ヒミツ3 実はもう一人メンバーがいる」「ヒミツ4

実はマイケルのために書いた曲であった」とか、その前のお芝居にはそんな要素を一切含んでいなかったので、スクリーンに映し出されるたびに笑い声や「えー!」という驚きの声が上がっていたのが印象的でした。

 

でも、すべてのセリフがアドリブでないかのように聞かせて見せる演者さんさすがでした。まるで台本があるかのようにお話されるもんだから、正直生で見て驚きました。

 

そして、アドリブワードについて。

夜の部は、森久保さん神引きでした。

「ケビンのした最大の失敗は?」というくだりでは「宇宙から落ちてきた」(アドリブワード)落ちをつけてたなど、引きがよかった印象。

 

とっしーに関しては、最後の最後まであまり引きがよくなくて、がんばれ!って応援したくなる感じだったんですけど、円陣の時の「その涙は光への道」(アドリブワード)ですべて吹っ飛びました。やっぱ、持ってる、豊永利行

 

また、彩-LIVEについてですが、今年は、ゲストキャラが1人ではないの特徴ですね。

今回の公演では5人出てきました。

で、この彩-LIVEの方々が、ホントいい働きをしてくれて。この役割にやっぱり舞台役者さんを持ってくるのはマジで正解だとひしひしと感じました。

 

功労賞はブライアンの辻本さん。金髪に、アメリカンな衣装で登場。ホント、素晴らしい存在感でいい仕事をしてくださいました。コーラのくだりもちゃんとやってくださって。ブライアンはずるいです(笑)

 

味があったのはファンをやった廣瀬さん。赤い法被着て、手にはうちわとペンライトうをもって登場。この方もホントすごく良かった。うまく舞台を引っ掻き回してくれて、そして話を進めてくれて、それでいて2人の即興ソングまで引き出してくれるなんて…いや、ほんとさすがです。

 

あらためて、彩-LIVEのみなさん、ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!

 

そして、一番すごかったのはアドリブカンパニーのみなさん。

まず脚本に参加した鈴さん・川尻さん・浅にい。よく全公演違う設定を考えたなと。去年までもとても面白かったけど、今年はさらに見ごたえのある(円盤集めたくなる)企画だったと感じます。キュー出し(今回の八王子は川尻さん)もタイミング完璧で、楽しませていただきました。

 

次に音楽の宇田さん。毎年ありがとうございます!!!!!!!

即興でBGMなんてさすがとしか言えません。脱帽。

 

裏方の皆さん。

今年は「目指せ、ドン・〇ホーテ!」と銘打ってたくさんの小道具を用意していたそう。好きな食べ物がラーメンと出たらラーメンを用意し、ゴーヤチャンプルーがネタとしていじられることを見越して、具材を切っておいたり、ファンが持つ「たらこ唇」と書いたうちわを本番中裏で作ったり…ホントあげるときりがないくらい、ファインプレーの連発でした。

 

常に舞台上に気を張って、先回り先回りで行動する。本当に、プロ仕事でした。

とっしーが思った以上に早くヒミツを明かしてしまったことや、結末の行動ができない危険を回避するために、あとで出すヒミツの内容を変えたり。本気で面白いものを届けようとしてくれるアドリブカンパニーに感謝しかありません(円盤買います)。

 

最後に、森久保さん、とっしー。

今回の夜公演は、2人にしかできない設定だったと思います。おそらく脚本は鈴さんかな?と思うのですが(笑)、脚本家さんの考えたシナリオ…という名の無茶振りにしっかり答えてくださって。エンターテイメント性のとても高い、今までにない公演になっていたと思います。(あれ?コンサート会場かな?と錯覚してしまうようなね)

2人のお芝居の相性もめちゃくちゃよかったですね。見ていて本当、安心できる公演だったと思います。楽しかった!

 

とまあ、また長くなってしまったのですが、森久保さん、とっしー、彩-LIVEのみなさん、アドリブカンパニーのみなさん、楽しい時間をありがとうございました!!お疲れ様でした!!